北方野菜で温まろう♪妊活味噌味豆乳鍋


用意するもの5人分
・大根(10?くらい)
・人参(1本)
・白菜(1/4)
・キャベツ(1/4)
・ニラ(一束)
・もやし(一袋)
・椎茸(4個)
・赤身肉
・しらたき
・豆腐
・豆乳(400CC)
・水(600CC)
・ウェイパー(小さじ1)
・味噌(大さじ3)


作り方
鍋に水と豆乳を合わせて出汁を取ります。
ウェイパーと味噌を入れて味をととのえます。
材料を食べやすい大きさに切り、鍋に投入。
具材が煮えるまで蓋をして待ちます。
最後にお肉ともやしを入れます。


大根や人参などの根菜類や白菜のような北方の食材は、身体を温める効果があります。また、ニラにも同様の効果があります。体温が低いと、自分の生命を維持するためにエネルギーを使ってしまうため、妊娠には向かない体になってしまうのです。そのため、まずは体温を上げる食材を意識して摂るようにしましょう。


大豆製品である豆乳や豆腐、赤身のお肉は体を作るのに必要なタンパク質です。まだ、人参や赤身のお肉などの赤色の食材は、血液を作る働きがあり、血流を良くしてくれます。


鍋料理にすることでさらに温まり、食材の種類も多く摂れるので、結果的にバランス良く栄養を摂ることがてきますね。しかも、食材を一気に鍋に投入したらあとはほっとくだけ~♪なのでとっても簡単。


我が家では、上記の食材の他にも餃子やウインナーなど家にあるものを何でも入れて、お好み鍋にしています。豆乳のおかげで味噌の味がまろやかになってとってーも美味しい、我が家今冬のヒット鍋です。


トップへ戻る