このレシピでとれる栄養素
たんぱく質、鉄(ヘム鉄)、カルシウム、ビタミンB12


用意するもの(3人分)
・冷ごはん(約2合分)
・チンゲン菜(1束)
・ニンジン(1/2本)
・卵(1個)
・じゃこ(70g)
☆ウェイパー(大さじ1)
☆塩こしょう(少々)
☆醤油(少々)


作り方
チンゲン菜を一センチ角くらいの大きさに、ニンジンは千切りにカットします。
冷ごはんに卵を割り入れ、☆の調味料を合わせて全体に馴染むように混ぜ合わせておきます。
熱したフライパンに胡麻油を引き、チンゲン菜とニンジンを炒め、ある程度火が通ったらじゃこを加えます。
チンゲン菜とニンジン、じゃこを一旦フライパンから取りだし、ご飯を炒めます。
ご飯がパラパラになってきたら、?で取っておいた野菜類と合わせてしばらく炒めたら完成です。









小さめにカットした野菜類や小魚は火の通りが早いため、時短で出来上がるレシピです。また、冷ごはんに卵と調味料を混ぜてから炒めることで、チャーハンのパラパラ感が簡単に出せます。


魚をまるごと一匹食べられる小魚は、栄養バランスがとても優れた食品です。魚一匹からたんぱく質、鉄、ビタミンB12、カルシウムなどがとれます。


たんぱく質は体を作るための材料となり、血液や筋肉だけでなく妊娠に必要なホルモンなどを活性化させる役割も持っています。鉄は妊娠と同時に大量に必要となる血液を補うため、妊活中から潜在的鉄欠乏を防ぐ役割があります。


また、卵からはたんぱく質やビオチンをとることができます。ビオチンは、不足すると胎児の奇形リスクが高まるとされていてとっておいて損はない栄養素と言えます。

トップへ戻る