今から赤ちゃんが欲しいと考えてるあなた!葉酸はちゃんと摂れていますか?葉酸は妊娠に気づいてからでは遅いのです。妊娠に気づく前、つまり妊活を始める時から摂取をしておくことが大事なんです。もちろん、気づいてからでも葉酸摂取に心がけることは必要ですよ!

なぜ妊娠する前から葉酸を摂らなければいけないのか?

葉酸は非妊娠時でも一日当たり240μgの摂取が推奨されています。妊娠時だと240μgに加え400μgの摂取が必要とされています。胎児の神経系・脳の発達に大切な役割をはたしている葉酸は、お母さんの貧血防止にも役に立つ栄養素なんです。

実はこの葉酸が妊娠中に不足すると神経管欠損症などの赤ちゃんの奇形や先天性障害の危険性があるのです。このため、厚生労働省では妊娠を計画している女性には1日0.4mg(400μg)の葉酸を摂取するよう勧めています。

葉酸は妊娠してから出産するまでのあいだ必要なわけではありません。妊娠4週間前から妊娠後12週まで葉酸摂取が勧められています。

なぜ妊娠4週間前から妊娠後12週まで葉酸が必要なの?


赤ちゃんの障害の多くは妊娠初期の12週くらいまでに細胞分裂が正常に行われないために発生しています。とくに妊娠4週から7週の間は赤ちゃんの大切な器官の成長がものすごいスピードで作られているのです。また赤ちゃんの先天性の異常が形成されるのが妊娠10週以前、特に中枢神経系、四肢、心臓などは妊娠7週未満にほぼ完成しています。

つまり妊娠に気づいて以後葉酸を積極的に摂取しても既に遅い時期に入っていることが多いのです。実際に妊娠に気づいて初診に訪れるのは妊娠7週後に受診する妊婦さんはじつに60%以上。葉酸で神経管閉鎖障害の約70%が予防可能と言われています。



また流産、死産、妊娠中毒症、子宮内胎児発育遅延などは葉酸の欠乏が原因とされることが多くあります。葉酸摂取って重要なんですね。葉酸が大事!ということは理解できたけどどう摂取すればいいのでしょうか。

葉酸を効率的に摂取する方法は?

食事からだけでは摂取が難しいとされる葉酸は、サプリメントを飲用することで葉酸 400μgが摂取でき一日の必要量を摂ることができます。そのサプリメントにも種類が豊富にありますので、自分にあったサプリを見つけ安心安全なものを飲みたいものです。

葉酸以外にも体に必要な成分がどれだけ入っているのか、また無添加の商品か?ということをしっかり確認し自分に合ったサプリを「妊娠したい!」と考えた時から摂取することをオススメします。