屋久島には樹齢何千年と言われる屋久杉が無数に生息しています。
どこを見渡しても先端が見えないくらいの高さの杉ばかり。木々に囲まれながら山道を歩きました。

登山に慣れている人たちなら8時間くらいで往復できる道のりなのだそう。
私たちはガイドさんの案内の元でしたが、朝の6時半に出発し、出発地点に戻ってきたのは夕方の5時半を回っていました。

往復何と11時間余りの道のりです!!

私たちが目指したのは縄文杉。縄文時代から生き続けるこの杉のパワーを戴こうと歩き始めましたが、その途中途中でも見上げる木々が凄すぎて、自然から溢れんばかりの生のエネルギーにただただ圧倒されるばかりでした。

今回、屋久杉のことを紹介しようと思ったのは、縄文杉にたどり着く途中で出会った、『子宝杉』『夫婦杉』のパワーを写真から感じ取ってもらいたいと思ったからです。


子宝杉は、その形が女性器の形をしているとか、赤ちゃんが生まれでてくる瞬間のように見えると言う人もいるんだそう。私は赤ちゃんが生まれてくるところに見えました。

この杉を触ってお願いすると子宝に恵まれるそうで、当時妊活中だった私も幹を擦りながらお願いしました。

そして、『夫婦杉』。


この杉は、元々は別々の木だったのが枝がくっついて手を繋いだような形になったものなんだそう。

自然ってほんとに不思議ですね。この夫婦杉はもしかしたら本当に仲の良い夫婦なのかもしれないですよね。

私たち夫婦もいつまでもそんな風に仲良しでいられたらいいなと思い、夫婦杉にもしっかり挨拶をしておきました。

実は、この登山を終えた7ヶ月後、次男を妊娠しました。

縄文杉パワーのお陰かはわかりませんが、屋久島に訪れる前から妊活していた私にとっては全く関係のないこととは思えません。

屋久島でいただいた生のエネルギーは、確かに私の体にも力を与えてくれたような気がしています。