国の「特定不妊治療費助成制度」のほかに、独自の助成を実施している自治体があります。

石川県は一般不妊治療に対する助成を行っている自治体の中でも、助成対象となる治療の種類がほかの自治体に比べて多いのが特徴です。

助成の対象となる治療の種類は、タイミング療法、薬物療法、手術療法、人工授精などです。

助成金額は1年度5万円を限度とし、自己負担額の半額以内となっていますが、一部市町村において、助成の上乗せを行っています。

所得制限も設けられています(夫婦合算で年間730万円未満)ので、詳しくは自治体の窓口にお問い合わせください。自治体の設置している不妊治療相談窓口も賢く利用してくださいね。

タイミング療法の段階から助成を受けられるのは、珍しいかもしれません。
わずかでも経済的な負担が減るのはとても助かることですね。

石川県では、初期の段階から高度な治療まで、不妊治療を総合的に支援しています。
不妊治療の助成制度には「一般不妊治療」と「特定不妊治療」の2種類があり、さらに「特定不妊治療」の一環として実施した「男性不妊治療」にも助成をしています。
石川県/不妊治療費の助成について