愛知県では一般不妊治療に対しても助成を行っています



国の「特定不妊治療費助成制度」は、体外受精や顕微授精など「特定」の不妊治療に対する費用を一部助成してくれる制度です。

つまり、体外受精や顕微授精以前の段階の不妊治療(人工授精など)については助成金が受け取れない内容になっています。

しかし、愛知県では、そのような一般不妊治療に対しても助成金を受け取ることができるとのことです。

助成対象となる治療は人工授精で、
・不妊症と診断され人工授精を受けた法律上の夫婦であること
・治療開始時の妻の年齢が43歳未満

さらに、

・夫および妻の前年の所得の合計額が730万円未満

という条件が付いてはいますが、治療の際にかかった自己負担額の半額(ただし1年度あたり上限額45,000円)を助成金として受け取ることができます。

問い合わせ先は、市町村窓口となっています。

【愛知県】一般不妊治療費助成事業 >>