不妊治療の費用が高額になってしまう理由って?




不妊治療というと「高い」「お金がかかる」というイメージがあるようです。

かくいう私もその一人で、なかなか病院を受診するまでに踏ん切りがつかず、「あと1周期まってみよう」と、ずるずる時間が過ぎてしまったタイプです。

そして、私のような人は意外と少なくないというのが経験から感じたことです。

病気やけがで病院を受診するのと、不妊治療で病院を受診するのでは何がどう違うのでしょうか?
医療事務をしている妹に話を聞いてみました。

病気やけがで病院を受診した場合、健康保険制度で保険適用が認められていれば、患者はその一部(3割など)を負担します。

しかし、不妊治療では、保険適用が認められる範囲が限られています。
例えば、ホルモン異常子宮・卵管機能障害などの一般不妊治療には保険が適用されますが、人工授精や体外受精・顕微授精には保険は適用されません。

そのため、保険が適用されない治療費は全額を自己負担しなければならなくなり、結果として金額が高くなってしまうわけです。

保険の適用範囲は、厚生労働省が指導をしているのですが、体外受精においては「体外受精を目的とした超音波検査や排卵誘発剤、血液検査には保険を適用してはならない」という指導があるため、費用の全額を患者が負担することになります。
体外受精の費用は各施設が独自で定めており、概ね30~70ま年程度です。

また、人工授精や体外受精など保険がきかない治療の費用は、その施設が自由に金額を決めることができます。
立地や人件費などの違いにより金額が変動するため、都会よりも地方の方が安くなることもあるかもしれません。

あるアンケートでは、1年間の不妊治療にかかった費用が50万円以上と答えた経験者が約半数以上で、その中でも100万円以上と答えた経験者は全体の役3割にも上ったそう。
不妊治療費用の負担も決して軽視できない問題です。