不妊治療を伴う妊活には結構なお金がかかります。
35歳以上の方が妊活を始めて、体外受精や人口受精等の高度生殖治療と呼ばれる治療を受ける場合は保険適用外になるため、余計に費用がかさんでしまうからです。

妊活や不妊治療が成功して子供を授かったとしてもお金がなくなってしまったとなっては元も子もないので、少しでも妊活や不妊治療にかかる費用を安く抑えるために、市や区から出ている妊活に関する助成金について知っておくことをおすすめします。

例えば東京都の中でも助成金制度が設けられていますが、自治体によって適用条件にもばらつきがあります。
大体、助成を受ける人たちが夫婦であること、その自治体内に住んでいること等の条件は含まれていることが多いようです。
その他には収入に関する規定がある場合もあります。

また妊活の助成の内容も自治体によって様々で、助成を受ける回数が決まっていたり、年度数で定められていたりします。
助成を受けるために助成制度の充実したところを選ぶという方もいるそうです。これから引越を考えているという方は助成制度について
あらかじめ調べておくのもよいと思います。