国の「特定不妊治療費助成制度」のほかに、独自の助成を実施している自治体があるという噂を聞いたので、調べてみました。
今回調べたのは、京都府です。

京都府では「mamanaro(ママなろ)」という、不妊治療サポートサイトを立ち上げており、不妊治療の一般的な流れや不妊治療を始める前の疑問・質問に対するQ&A、不妊治療に関する公共の相談窓口など、妊活中の夫婦にとって心づよいサポートをおこなっているようです。

さて、京都府の助成制度の内容ですが、京都府では国が定める特定不妊治療のほかに、「排卵誘発剤の投与等医療保険が適用される不妊治療及び人工授精」の際にかかった自己負担分の半額を助成金として受け取れるとのことです。

上限は1年度につき10万円(保険適用となる治療分のみ申請の場合は6万円上限)ですが、所得制限や助成回数、助成期間の制限はないとのことなのでありがたいですね。

京都府の助成制度について詳しくお知りになりたいという方は、京都府不妊治療サポートサイト「きょうとmamanaro」をご覧になってくださいね。

助成の対象は京都府在住の方に限定されていますが、助成の対象でない方もQ&Aページなど参考になると思いますので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。