妊娠してからでは遅い?葉酸サプリは妊活中から!

私は、食品表示検定協会の食品表示診断士という資格を持っています。そこで、食品表示の知識を基に、たくさんある葉酸サプリの中からどのようにしてサプリメントを選べばいいかということについて解説してみたいと思います。



妊娠中の女性が葉酸を摂取すると、赤ちゃんの障害リスクの発生するリスクが低くなることがわかり、1日400μgの葉酸の摂取が推奨されるようになりました。ただ、この摂取の時期、妊娠してから摂取し始めるという人が多いのが現状で、意外に意識していない人が多いのも事実です。実際は、妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月目までが本当に摂取が必要な時期といわれているんです。妊娠1ヶ月前ということは、『子どもが欲しい』と思ってからの妊活中からの飲むことが重要なんです!


天然と合成の葉酸の違いとは?


なんとなく『天然』の物が安全で、いい物のような気がしますが、本当のところどうなのでしょう。葉酸には、食品に含まれる天然の『ポリグルタミン酸葉酸』と合成の『モノグルタミン酸』の2つがあります。


このポリグルタミン酸は、摂取したとしても、体へ吸収されるのが50%といわれているんです。また熱や水に弱い為、調理の際にさらに失われます。なので、食品だけで、妊活中から妊娠中に必要な分の1日400μgの葉酸を補うのは非常に難しいことなのです。


ポリグルタミン酸は、吸収効率があまり良くないといえます。葉酸を含む食品を摂取した時、ポリグルタミン酸は体内でモノグルタミン酸へと変換されます。このポリグルタミン酸を吸収されやすいようにと作られたのが合成のモノグルタミン酸型の葉酸なのです。


必ずしも食品からとれる天然のものだけでは、必要摂取量が補えるわけではないのです。体への吸収を考えると合成の『モノグルタミン酸葉酸』を上手に利用することがオススメです。


ここに注意!葉酸サプリの種類はここを見て!


先に挙げたように、合成葉酸が体内への吸収効率が良いのでうまく利用していくときに、気をつけるポイントがあります。葉酸サプリは合成葉酸『モノグルタミン酸』とということになりますが、このモノグルタミン酸の葉酸の中でも何から抽出されたかが大事なのです。


1つは食品から抽出されたものが『天然由来』、そして合成の化学物質から抽出されたものが『合成』と呼ばれています。化学合成物質から抽出されたものは、石油由来や化学物質から作られているので、体内で吸収される際に、母体や胎児への内臓に負担がかかるとされています。


『合成葉酸』とうたっているものがすべてダメではなく、葉酸サプリはすべて吸収効率のよい合成の『モノグルタミン酸』であること、そしてそのモノグルタミン酸が『天然由来』のものであることがチェックするポイントです。


当サイト管理メンバーがおすすめする葉酸サプリはこちらです

妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆







当サイトでは上の葉酸サプリを特におすすめしていますが、お勧めの飲み方(体験談)や、レビュー記事もありますので、そちらも参考にしてみて下さいね。

『葉酸サプリを選ぶときのプラスワンポイントを知ってさらに効果的に!』