Q.つわりと妊娠悪阻って一緒ですよね?



よく皆さんが誤解しているのが、つわりと妊娠悪阻が同じって思っているんですよね。

つわりの難しい言葉を妊娠悪阻って思っているみたいです。

それならどう違うの??ってなりますよね。今から説明していきますね。

つわりは妊娠によっておこる変化みたいなものです。

全妊婦の50~80%にみられます。

気持ち悪くなって吐いたり、食欲がなくなったり、食欲がわいてきたり、嗜好が変わったり、体がだるく感じたり、眠くなったりとこのような症状が見られますが、治療の必要はありません。
一過性のことが多いです。

それに対し、妊娠悪阻とは、つわりが重症化し、治療をしなければ命の危険さえある病気です。

全妊婦の1%~2%にみられ、5キロ以上の体重減少、頻回のおうとによる、脱水、電解質の異常、尿にケトン体がみられ、(エネルギー源の糖分がたりないので脂肪を分解しケトン体をエネルギー源としてつかうからです)、点滴治療をして、水分、栄養、電解質を補わなければいけないのです。

妊娠初期に、急激に増えるヒト絨毛性ゴナドトロピンが関係しているのでないかなと言われてはいますが、原因は不明なのです。

妊娠悪阻もつわりも経験しましたが、両方きつかった上につらかったです…。でもある程度したら落ち着いてきました。(稀に妊娠中ずっと続く人もいますが)

つわりも妊娠悪阻にも言えることなのですが、ストレスをためない、好きなものを好きなときに少量ずつ食べる、きついなら無理せず横になる、無駄な心配はしないことが重要です。

赤ちゃんは、まだ数センチです。お母さんの今まで蓄えていた栄養や、今ある栄養どんどん吸収していきます。

なので、多少お母さんが食べれなくても赤ちゃんには全く心配ありません。(貧困諸国でも赤ちゃんが生まれていますよね。それに比較したら日本人の栄養状態は、充分すぎるくらいですよね。)

そして、母親の心理状態もつわりや妊娠悪阻に大きく関係します。なので、ストレスためず、生きてるだけで充分だ、位に思って過ごしましょうね。