妊娠中、腰が痛いです。どうしたらいいでしょうか?




妊娠してからのマイナートラブルで多いのが、腰痛です。
原因は2つほど考えられます。

お腹が大きくなることで重心の位置が変わる


1つめの原因はお腹が大きくなるにつれ、身体のバランス保つため、どうしても重心が前の方になってしまうことが原因です。
重心が前になると、背骨がS字のようになってしまいます。

そして、骨盤はそり身の姿勢になってしまうため、骨盤の筋肉へ負担が大きくなり、腰痛となるのです。

妊娠中に増えるエストロゲンとは?


もう1つの原因としては、妊娠で増えたエストロゲンです。
エストロゲンには筋肉や靭帯などを緩ませる作用があるのです。

お産の時、赤ちゃんが出やすいように、わざと緩みやすくなるようにしているのです。
人間の身体はすごいでしょう!!!!

しかし…この作用によって、今までしまっていた骨盤が緩みやすくなってしまい、腰痛を生じるのです。

お腹が大きくなることも、骨盤が緩みやすくなってしまうのも仕方がないことですよね。

でもずっと、痛みに耐えるのはきついですよね。
だからといって湿布を勝手に張ったり、薬をのむのはダメですよね。

湿布や痛みどめに赤ちゃんのを動脈管をふさいでしまう成分が入っていることもあるのです。
なので、注意しなければなりません。

妊娠中の腰痛を緩和するには?



腰痛をなくすことはできないかもしれないけれど、軽減できる方法をお伝えします。

まず、重心を後ろにもかかるように、平べったい靴ではなく、少しくらいかかとのある靴をはくと少し腰痛が楽になりますよ。もちろん高いヒールはだめですよ!!!!

あと、エストロゲンにはよって緩んだ骨盤をトコチャンベルトやさらしで固定し、支えてあげる方法がありますが、骨盤をしめていいの?って思った方もいると思います。

赤ちゃんは生まれてくるさいに、くるくる向きをかえてでてくるのですが、骨盤が広く広がりすぎていると、くるくる向きをかえることなく、そのまま下がってきてしまうので、分娩が停止したり、回旋の異常がおこり、帝王切開になったり、というケースもあるのです。

さらしやトコチャンベルトをすることで、子宮が持ち上げられ、内臓も位置も元の場所に戻るため、骨盤の筋肉に負担がかかることがすくなくなり、骨盤も赤ちゃんがちゃんが生まれやすいように矯正され、腰痛も減ってくるのです。

イメージできましたか??

余談となるのですが、急に腰痛が起こり、耐えきれないほどの痛みの場合は尿路結石や腎う腎炎の可能性もあるのですぐに受診しましょうね。

妊娠中はどんな些細なことでも主治医や助産師さんに相談してください。