最近では30代で妊娠、出産するのは珍しくないですし、妊活をする年代も30代からが多いように感じます。
おそらく、20代で結婚して数年が経ってもなかなか妊娠しない夫婦が妊活を意識し始めるのが30代に入ってからという印象がありますね。

20代のうちで妊娠しなかったら、30代で自然妊娠できるのかな?と不安になるのかもしれません。
また、20代に比べて30代は経済的にも少し余裕ができるのでいざ妊活を始めるぞ!という気持ちにもなりそうですね。

では妊活はいつまですることが可能なのかということがふと気になったので、調べてみることにしました。

女性の妊活は早いほうがいい?


妊活をするうえで女性側の卵子の問題は外せません。

卵子はもともと数が決まっていて、歳を重ねるごとに卵子の数が減少していくため、卵子があるうちでないと自然妊娠できないというのが大前提だからです。
(別の若い女性から卵子提供を受けて体外受精等などの方法とって妊娠することは可能で、60代女性の妊娠出産の実例がある)

卵子の数は20代で20万~30万、35歳以上になるとその10分の1ほどに
減ってしまうそうです。
(40代までになるとさらにその10分の1くらいになる)

しかも卵子も年齢とともに老化していくため、受精能力が低くなっていきます。

40代での自然妊娠の事例もあるので、一概に40代がリミットとも言えませんが、確率的に妊活の成功率が低くなることは間違いなさそうです。
体外受精や人口受精を行っても確率が高いとは言えないので、40代から妊活を始めても妊娠は不可能ではないけれど、妊活を始めるなら、なるべく早い方がいいというのは間違いなさそうです。