過去の中絶手術・流産経験は現在の「妊娠しにくさ」に関係している?





表題の件ですが、結論から言うと、中絶経験そのものが直接妊娠を妨げるということはありません。
ただ、中絶そのものが必ずしも不妊の原因になるわけではありませんが、中絶手術の処置のせいで子宮内膜が癒着を起こしてしまい、結果的に妊娠を妨げる原因となることはあり得ます。

また、中絶時の処置の際に子宮内膜に傷がつくことで子宮内膜が薄くなってしまい、着床に影響するということがあります。
術後の炎症で卵管が癒着を起こしてしまうと、卵子や受精卵が通りにくくなってしまうこともあります。

このような状態は、流産の後の手術(そうは手術)の際にも起こりえます。
流産の後にどうしてもそうは手術が必要な場合があります。

以前は、子宮内容物の取り残しがないように、しっかりとはがす手法がとられていますたが、この方法も中絶の時と同じく、子宮内膜が薄くなってしまい後に着床が困難な状態になってしまうことが大きな問題でした。

そこで現在では、必要なものまで取り出してしまうことのないように子宮の中にチューブを入れて内容物を吸引するだけ、というように工夫している施設が増えてきています。

もしもご自分の子宮内の様子が気になる場合は、超音波検査や診察で子宮内膜の状態がわかるので一度診てもらうと安心できるかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてください。