クラジミアは厄介な病気





クラミジア感染症とは、日本で感染者数が一番多い性病と言われており、特に10代後半から20代にかけて感染者が増加します。

クラミジアは感染から数日~数週間で発症しますが、男性・女性ともに感染しても症状を感じにくく治療せずに放置されることが多いため、自分では気が付かないままパートナーに移してしまうことがあります。

片方が治っても、もう片方がに移ってしまい、お互いに移し合ういわゆるピンポン感染ですね。

主な感染部位は男性だと尿道、女性では子宮頚管です。
男性だと尿道から膿が出たり、軽い排尿痛、尿道のかゆみや不快感、精巣上体の腫れ、軽い発熱や痛みなどの症状が主な症状で、治療せずにほおっておくと、前立腺炎になることもあります。
女性の場合は、おりものの増加や不正出血、下腹部や性交時の痛みといった症状が現れることがあります。

特に、女性が感染してしまうと、子宮頚管から卵管まで菌が侵入し、そこに炎症を起こしてしまい卵管狭窄(癒着形状の異常で狭くなっている)や卵管閉塞(卵管が癒着してふさがってしまう)、卵管水腫(卵管内に液体がたまってしまう)など卵管の異常を引き起こしてしまうことがあります。

しかし、自覚症状のあまり出ない感染症のため、本人も気づかないことが多く、治療されないままに放置され卵管周囲に癒着が進行してしまい、卵管の変形や閉塞(ふさがること)が起きてしまう恐れがあります。

現在は治っていても、過去にクラミジア感染症になったことのある方は排卵障害が残っている可能性がありますので、早めの検査をお勧めします。