虫歯や歯周病が胎児にまで及ぼす悪影響とは?


歯科治療と妊活の意外な関係があるって知ってましたか。虫歯や歯周病の治療は絶対に妊活前から始めて下さい!なぜ『妊活前から』が重要なのかというと虫歯菌や歯周病菌がお腹の中の赤ちゃんにまで悪影響を及ぼしてしまうんです。


妊娠後に虫歯や歯周病が胎児にどのような影響を及ぼすのか、また妊娠後の歯科治療の大変さについて、実体験を元に詳しく説明したいと思います。妊活を始めようと思ってるけどまだ歯の治療をしていないという方は参考にしてみてくださいね。


まず虫歯や歯周病が虫歯菌や歯周病菌といった『菌』によって引き起こされることはご存じでしょうか?
では、その菌はどこから来るのか。


何と、虫歯菌や歯周病金は他人(大抵は親や親族)からもらってることが多いんです。虫歯菌や歯周病菌は感染するということです。


あなたが小さい頃にご両親が使ったお箸を使ったりご両親が食べ物を歯で小さくちぎってくれたりしたことと思います。こんな親子のやり取りに菌が潜んでいます。


現在では知っている人も多い事実ですが産まれたばかりの赤ちゃんの口内には虫歯菌が居らず成長過程で虫歯や歯周病のある人から菌をもらうことで虫歯菌が幼児期の口内に定着してしまうのです。


またひどい虫歯や歯周病の妊婦さんから産まれてきた赤ちゃんには産まれるときにすでに口内に菌が検出されたという報告もあります。


永久歯も含めて歯は胎児の段階で形成されます。その段階で菌に侵されているということは赤ちゃんの将来の健康のためにも悪影響しかありません。


また妊娠すると歯科治療そのものが大変になって来ます。
例えば…
・使用できる麻酔や内服薬に制限が出てくる
・レントゲンはもちろん撮れない
・仰向けの体勢や同じ体勢でいることがキツくなってくる
などです。


実際に私も歯科治療の途中で妊娠が発覚し色々と面倒な思いをしました。妊娠の報告をするとまず産婦人科の主治医に歯科治療継続可否の伺いをしてくるように言われました。それから麻酔や投薬に関しても歯医者の先生も気を使っているようでしたし何よりも私自身もお腹の赤ちゃんにどんな影響があるのかと不安がありながらの治療でした。


さらに段々お腹が大きくなってくると仰向けの体勢では苦しくなってきますしお腹も張るようになってきます。赤ちゃんも苦しいんじゃないかとこちらも不安でした。


もちろん歯医者さんもプロですので妊婦さんに対しても出来る範囲で治療を行ってくれます。しかし妊娠前よりも制限が出てくるのは事実。


そういうわけで妊娠する前の歯科治療は妊活中に終わらせておいたほうが良いというお話でした。


トップへ戻る