妊活していると生理前のちょっとした体の変化に敏感になって「もしかしてこれって妊娠かも!?」と気になりますよね。
それで、ネットで妊娠の超初期症状を検索してみたりして。

そんな方のために、私の場合ではありますが妊娠の超初期症状がどんな感じだったか載せてみます。
参考になれば幸いです。

まず、妊娠超初期症状とは、病院で妊娠判定前までの期間のことを指しています。
生理が遅れ始めた前後から出る体の変化についてです。

乳首が敏感になる、というか痛む…敏感になるというとちょっとアレですが、体を洗っている時等自分で触れたときにチクチクするような感覚があります。

モーレツな眠気…だるい、というかとにかく眠かったのを覚えています。朝子どもを保育園に送ってから市役所に用事があったのですが、市役所が開くまで10分ほどあったので少しだけと思い車の中で2時間余り寝ていてびっくりした経験があります。

食の好みが変化…つわりというほどのものではありませんでしたが、さっぱりしたものが欲しくなりました。
普段は果物類をほとんど食べませんが、この時期はピンクグレープフルーツとりんごが無性に食べたくなりました。

友人の母(3人出産)は、この時期うどんが食べたくなったそうで、「うどんが食べたい…はっ!妊娠したかも!?」となると言っていました(笑)

他にも
・生理の遅れ
・基礎体温の高温期が続く

とはご承知の通りです。
生理周期と基礎体温のチェックをしていると目安にできるものが増えてわかりやすいですね。