妊娠が成立し、女性の体にいろいろな変化が起きる中に『つわり』があることを知らない人は少ないと思います。
それによって食べ物の好みに変化があることもよく知られていますが、実際にどんな変化があるのかご存じでしょうか?

実はつわりによる食べ物の好みの変化は実に人それぞれなんです。
これまで好きだったものが全く食べられなくなってしまったり、その逆も起こり得ます。
また、明らかに体に悪そうなものばかりが食べたくなる人もいるようです。

私の場合は、妊娠初期はりんご、冷たいピンクグレープフルーツ、干し芋を常に手元に用意していました。
何となく食欲が沸かず、空腹だと気持ち悪くなるため職場でもそれらをちょこちょことつまみながら1日を過ごしていました。

また、私の友人はほぼマクドナルドのポテトだけで安定期まで過ごした人もいます。
モスバーガーやケンタッキーのポテトではダメなんだそうです(笑)

別の友人はファミリーマートのチキンばっかり食べていたという子もいますし、うどんが無性に食べたくなるという人もいました。

氷しか食べられずに栄養状態が悪くなり入院せざるをえなかった親戚もいますが、一般的に妊娠初期のつわりによる好みの変化や変色は一時的なもので赤ちゃんへの影響は少ないと言われています。

一時的な変色であればさほど気にしなくてもよさそうですが、もしも偏食が長期的に続いたり、本当に何も食べられられずに貧血等が出てくる場合は入院を勧められることもります。

無理をしないことは鉄則ですが、体調の面にも十分気を付けてつわりの時期を乗り切ってくださいね。