不妊治療にまつわる専門用語一覧



AIH(エイアイエイチ)

…配偶者間人工授精

ART(アート)

…生殖補助技術。

E2(エストロゲン)

…卵胞ホルモンのことで、卵胞刺激ホルモンの刺激を受け、卵巣内の卵胞が発育を始めると分泌される。子宮内膜を増殖させ着床しやすい厚みにする役目を持つホルモン。

ETR(イーティーアール)

…卵管内胚移植。体外受精や顕微受精では、通常子宮頚管から入れたカテーテルを通じて胚移植を行うが、それができない場合に、腹腔鏡を使って卵管内に胚移植をすること。

FSH(エフエスエイチ)

…卵胞刺激ホルモン。脳下垂体から分泌される、卵巣で卵胞を発育させる働きを持つホルモンで、FSH製剤は排卵を誘発させるために用いられる。

hCG(エイチシージー)

…ヒト絨毛性ゴナドトロピン。成熟させた卵胞を排卵させる注射薬としても使われる。

hMG(エイチエムジー)

…ヒト閉経ゴナドトロピン。クロミフェン製剤(排卵誘発剤)で排卵しない場合や、体外受精などで多くの卵胞を育てたいときの注射薬としても使用される。

ICSI(イクシー)

…卵細胞質内精子注入法。顕微鏡下で細いガラス管を用いて精子を卵子に注入し、受精させる。現在の顕微授精はほとんどがこの方法。精子の数が極端に少ないなどの男性不妊に特に有効な治療法。

IVF(アイブイエフ)

…体外受精。卵巣から採取した卵子と精子を体外で受精させ、受精卵を培養してから子宮内に戻す方法。

LH(エルエイチ)

…黄体化ホルモン。卵巣内の卵胞が成熟したときに脳下垂体から分泌させるホルモン。急激に大量放出されると卵胞を促し、排卵後は卵巣内にのこった卵胞を黄体に変える作用がある。

OHSS(オーエイチエスエス)

…卵巣過剰刺激症候群のこと。排卵誘発剤によっておこる卵巣肥大や腹水がたまるなどの副作用のこと。作用が強い注射剤のほうがあらわれやすい。

P(プロゲステロン)

…黄体ホルモン。子宮内膜を肥厚させて、着床の準備や妊娠維持の環境を整えるホルモン。排卵後、卵子を包んでいた卵胞は黄体ホルモンとなり、ここから黄体ホルモンが分泌される。

PCOS(ピーシーオーエス)

…多嚢胞性卵巣症候群。卵巣の皮膜がかたく、卵胞がある程度育っているのに外に飛び出すことができない病気。

PRL(プロラクチン)

…「乳汁分泌ホルモン」ともいい、月経や排卵を抑制する働きがある。このホルモンが何らかの理由でたくさん分泌されてしまうと「高プロラクチン血症」となり、妊娠していないにもかかわらず体が妊娠した状態と同じようになってしまうことで不妊につながることがあります。

TESE(テセ)

…精巣から直接、精子を回収する方法。精巣を1センチほど切開し、精細管を採取して生死を見つける。MD-TESE(エムディー-テセ)は無精子症の場合の精子回収法。