治療中、わかりづらいことや聞きたいことがあるけど主治医に聞きにくい…




そんな時にはこうしてみよう!


以前私が不妊治療で通っていた婦人科の医師は、すごく不愛想で口数の少ない先生でした。
私の住む地域には近くに産婦人科が2つしかなく、こちらの先生は「腕はいい」との評判なので、別の産婦人科に変えれば?というわけにもいかず、悶々としていた若かりし頃の私。

意を決して先生に質問しても、一言二言しか返ってこない返事。
そして全然意味が分からない~!とストレスたまりまくりの通院を数回繰り返していました。

でも、治療について不明な点や心配なことがあれば、そのままにしないほうが絶対にいいですよね。
そこで当時の私が編み出した方法をお教えします。

それは、優しそうな看護師さんや場合によっては受付・会計の方に質問してしまうという方法です。
看護師さんであれば、すぐに医師のところに行ってくれて私の質問を聞いてきてくれたり、看護師さんのわかる範囲で丁寧に説明してくれたこともありました。

また、診察後でしたが、再度診察室に通してもらって医師から直接説明を受けられたことも2度ほどありましたよ。

私の通っていた病院にはいませんでしたが、不妊カウンセラーさんがいらっしゃる病院に通われている方は、そういう方に聞いてみるのもいいですね。
その日に質問に対する回答が得られなくても、次回の診察の時に回答してもうということも良いのではないでしょうか。

納得して治療を受けるためにも、疑問や不明点は残さないようにしましょうね。